【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》

3,240円

(税込)

セール 保存
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》
【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》

【お歳暮】寿司海苔赤缶入《創業95年の原海苔店》

3,240円

(税込)

セール 保存
ランク 特等

在庫ありのアイテム 0 のみ在庫が残っています 在庫なしアイテム ご利用いただけないアイテム

有明産の最高品質の海苔を使用しています。全型海苔を2ツ切にしたサイズでご家庭用の手巻寿司やおにぎり等にお使い頂けます。御贈答用の包装をしておりますので、お中元やお歳暮などの贈り物としても最適です。

内容量:焼海苔2ツ切100枚(全型50枚分)

サイズ:22.5cm×13cm×9.3cm

熨斗(のし)や手提げ袋、領収書をご希望の方は詳細の内容を特記事項にご記入ください。

 

お客様から毎年ご好評いただいてます!

★★★★★5

贈答用で使っています

親戚からいただいた時、初めて食べてすごく美味しかったため、お中元やお歳暮でもよくこちらの商品を贈ります。ほんのり甘く磯の風味も良いので家にはいつもストックしています。

(50代 女性)

★★★★★5

味がしっかりしている

実家に帰った時に母から紹介され、食べたところいつも食べてた海苔と全く違い、味がしっかりと感じられてびっくりしました。それ以来、たまに購入し、特別な日にはこの海苔を使っています。

(30代 女性)

★★★★★5

家族が集まる時に使います!

手巻き寿司を作る時は必ず、こちらを使っています。子供や孫が帰省した際に使用すると「この海苔、美味しい!」と言われるので、自信を持って周りにもおすすめできます。

(60代 女性)

★★★★☆4

味よし!風味よし!

仕事関係の方や友人に贈る機会が多いので、種類が色々あるのは嬉しいです。

「あの海苔美味しかったよ!」と嬉しそうにお礼を言ってくれると贈った自分もとても嬉しくなります。普段の食事では、子どものお弁当やおにぎりに良く使用してます!

(40代 女性)

\お歳暮購入特典!ご注文いただいた方へ/

きざみ海苔(もみ海苔)プレゼント

原海苔店 自慢の"きざみ海苔"

今ご購入いただいた方だけに、きざみ海苔をプレゼントいたします。

送り主の方にも「こだわりの海苔を味わってもらいたい」。そんな想いから今回特別にご用意いたしました。

チラシ寿司やお蕎麦、パスタなどに最適!ぜひご堪能ください。

応募方法

1|LINE友だちに追加する

下のQRコードを読み取って原海苔店のLINE公式アカウントを友だち追加してください。スマートフォンの方は、以下のURLをクリックしてください。

https://lin.ee/YEyUcGE

2|LINEでクーポンコードを受け取る

3|購入画面でクーポンコードを入力する

【期間:2022年12月20日(金)まで】

▼LINE友だち追加QRコード

\おいしさの秘密はここにあり!/

これが人気No.1!寿司海苔の特徴

たくさんの栄養分が流れ込む"有明海産"

有明海は九州の豊富な地下水や多数の河川によって自然豊かな栄養分が流れ込むところです。また、6mの干満差は海水が海底までよくかき回され、酸素や栄養分が隅々まで行き渡り豊かな生態系がつくられます。

旨味を凝縮する有明独自の養殖方法

有明海の6mの干満差だからこそできる養殖方法は、海面でのミネラルを蓄え、日光で乾燥させ旨味を閉じ込めることを繰り返すことで、旨味・香り・くちどけが良い品質の高い海苔が生まれます。

ご贈答用包装もおまかせください!

お歳暮・お中元・冠婚葬祭・折々のご挨拶など様々なご贈答の場面にあわせて

包装・のしをお選びいただけます。ご要望(包装方法・ご用途・表書き・名入れなど)や紙袋の枚数はご購入の際、備考欄にご入力下さい。

包装紙については、通常・慶事・弔事でご用意しております。

※のし紙・かけ紙・短冊は、ご指定のない場合、包装紙の外側におつけ致します。

昭和2年創業

原海苔店のこだわり

原海苔店は、日本の海苔養殖発祥の地“大森”生まれ

海苔養殖の始まり

江戸時代の享保年間(1716〜1736)大森の沿岸部で日本で初めての海苔養殖が始まりました。当時は潮の干満があり、養分が含まれた川の水と海水が適度に混じる環境で海苔の生育には最適でした。

その後も、品質の良さから将軍家などへも献上される海苔の産地と成長していきました。そして、大森で発展した養殖技術と加工技術は全国へと伝わり、大森は、明治から昭和初期まで日本一の海苔生産地として最盛期を迎えていました。

今も受け継がれる職人の加工技術

現在は大森での海苔養殖はなくなってしまいましたが、加工技術はしっかり受け継がれています。当社は創業90年以上にわたり受け継がれてきた伝統の技術で熟練の職人が適切な加工を施し、味も風味も良い美味しい海苔に仕上げることができています。